証券会社

ここでは、「証券会社」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマートフォンで証券会社のアプリは、

楽天証券
SBI証券
マネックス証券

を使用したことがありますが、

使ってみて使いやすいのは楽天証券でした。

初めのころは売買する時にいちいちサイトに飛んでいたので、
いまいちだったけど、アップデートて格段に使用しやすくなりました。

サクサク動くし、チャートも見やすいし、お気に入りのニュースも確認できて快適です。

難点は保有銘柄の評価損益が%で表示されないことでしょうか。
ぜひ改善してほしいです。




スポンサーサイト
昨日、おとといはうちの会社の貴重なゴールデンウィーク(二日間だけど)だったんで、
株取引のことは後回しにしてました

今日は仕事なんで、通常なんですが、世の中はまだまだゴールデンウィーク期間中。
株式市場もまだまだ、お休みです

そんな中、自分の株取引情報を充実するために、
マネックス証券で提供しているトレーディングツールに挑戦してみました

マーケットステーション
[マネックス証券のトレーディングツール]の続きを読む
結構前にかみさんの名義でマネックス証券に口座を開設しました。

◆かみさんの名義で開設したのは、株主優待の権利を倍欲しかったから

   株主優待の権利って、一人の名義で権利獲得の倍の株数を持っていても、優待を倍もらえるわけじゃないんです
   だからかみさんの名義で、買って株主優待を倍もらっちゃおうって訳


◆違う証券会社に口座を開設すると、各証券会社がサービスや、情報、トレーディングツールを提供しているから、
いろいろ試すことが出来る
 後IPOの申し込みでも、扱っている株が違ったり、2重で申し込んだりすることができるから、有利

まだちょっとしか利用していないけど、トレーディングツールはやっぱりマーケットスピードの方が使いやすいね
自分の資産が前日よりどれだけ増えているのか、自分の保有銘柄の状況とかが一目でわかります

まだ使ったことがない人はぜひ一度使ってみてください

こちらから簡単に資料の請求ができます





SBI証券の口座開設完了の案内が届きました

HPでいろいろ調べたけど、SBI証券のツールはだいたい有料なのね
とりあえず楽天証券のマーケットスピードを使いこなして、不満だったらこちらも試すって感じで

そんなにいろいろ使いこなす自信がありません


でもHPの分析には

「クォンツリサーチ社分析」

ってのが、初心者の私にもわかりやすくて好感触


IPOの申し込みにも使わせていただきます

楽天証券に申し込んだのは、これが目当てでした

っていってもあまりどんなものか良く知らないんですけどね

<クリックなしで自動更新される「リアルタイム株価」や、自動売買に対応した「逆指値注文」が使える発注機能など、現在約30万人の個人投資家が利用している、ネット証券最強のトレーディングツール。>

ってことで、これをメインのツールとして使うつもり

使用料が3,000円/月なんだけど、条件を満たすと無料になって、
そのハードルも低いみたいなんで、かなり期待です
[楽天証券のマーケットスピードインストール]の続きを読む
<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。